憧憬(2021.12修正版)


 

仕事が終わり

夕食前一人夜の散歩道。

スーパーで半額のお弁当を買って

綺麗だなーと

光に向かって約1時間。

ここは埼玉県が誇る最強繁華街

大宮だ。

 

キラキラと光る高層ビルは

僕にとって眩しい嫉妬と羨望の塔。

今あの展望レストランで食事をしている人には

きっとこの価値はわからない。

その位置の素晴らしさは下にいる者こその価値だ。

 

エクセルで一瞬で作ったようなビルが並ぶ。

その各部屋に灯り。

エントランスにゴールドの【GRAND】

グラウンドからの野球少年のホームランボールもきっと届かない。

直前で

こちらのものとは密度の違う空気の中でゆっくりとスピードを落とし 

手前で落ちていく。

 

夕食後のスイーツをぶら下げたお子さん連れの若奥様が

その【GRAND】に入っていく。

年収おそらく800いや1000万は超えているだろう方々のお暮らしの一幕の想像を巡らせて頂く。

 

成城石井だ。

 

カーテンの向こう

暖かな家庭。

子供達は笑って駆け回り

幸せそうなご夫婦が

高級ワインで成城石井のお惣菜をつまんでいる。

IHのシステムキッチンに大きな4段の冷蔵庫。

この建物の中にもまた

壮麗な冷蔵庫のビル群が存在している。

 

建物や工事のクレーンの端々にチカチカと

ヘリコプターなどがぶつからないように赤色灯。

その数が1つ

また1つと

減った。

 

高い建物と建物の間に黒い影。

ゴジラだ。

ビルの間にゴジラが顔を出す光景。

これは都会の代表的な風景だ。

ゴジラは当たり前のように街を闊歩し

ビルを

店を

道を破壊し口から放射熱線を吐く。

逃げ惑う人々。

さっきまでロールケーキを買ってルンルンだった親子も裸足でスタコラサッサだ。

 

ゴジラは地震にだって強い都心部の唯一とも言える弱点だ。

ゴジラは田舎は襲わない。

俺がゴジラでもそうする。

ゴジラは、俺の、パワーポイントで作ったみたいなお弁当は襲わない。

450円、おつとめ品のシールを付けて225円のお弁当なんか目もくれない。

成城石井のオーガニックで健康的な 

一捻り効かせたアイデア食料品の沢山詰まった冷蔵庫のビル群を襲う。

ちなみに我が家の冷蔵庫は氷河期みたいな霜が奥に固く溜まっている上に

自動で水が生成され漏れ出づるという仕様になっている。

 

今はまだまだこんなですが

僕の将来の夢はゴジラに襲ってもらう事です。

エクセルで作ったみたいなエクセレントなマンションに住んで

家も冷蔵庫も襲ってもらう事です。

 

いや夢ではありません。

これは目標です。

今はまだまだこんなですが

もっと努力して

必ず達成してみせます。

だから

そしたら

結婚しよう。

 

少し疲れたから電車で帰る。

車窓の奥で、星を霞ませる鮮やかなビル群と、まっすぐ伸びた薄紫の放射熱線が夜空を彩っている。

そうしてまた僕はゴジラのいない町に帰る。

 

いいなぁ。

ゴジラ。