『ADVICE』 spoken blanco production (Active/空廻)

 

【Active verse】

蓄積されたネガの借金

忘れてみれば人は自由さ

不揃いな義理人情に囚われ

今日も君はどこかで泣いてる

友情を都合よく使うな

本当の愛なら見返りはないな

子供騙しの様な人が群がり

今日も一人消える暗がり

いじめを無くそうと言う大人たち

実は中学の主犯格はそいつで

リアルじゃグロい心の動き

ガンジーみたいなやつも本当は黒い

今日もお気に入りの散歩コースで

晴れてる日曜気分はいい

純粋な想いとリリックノート

空廻が隣 夜明けは近い

 

【hook】

過去より今の話をしよう

自分の足で環境破壊

過去より今の話をしよう

忘れるな君は1人じゃない

 

【空廻 verse】

別に誰も君に興味ない。

だから迷わずに見よう未来。

イケてるあいつの事を見様見真似

してもなんか量産型の人形みたい。

 

俺みたい。

 

別に誰も俺に興味ない。

知ってるさ。だけど俺も懲りない。

幾度超えるだろこのlonely night。頬にlight。

無駄に折り合いつけんのは辞め音に乗りたい。

 

世に対する不満や文句歪んだジョークにして

“こうじゃんか?そうじゃね?”って

おい共犯者にすんじゃねぇ。

色が違う居心地が悪いフィールド魔法に

PeaceとLoveをなんか無理と中指と唾。

 

なぁスマン。“自分こういう人間なんで...”

なんて免罪符にはなんねぇ。狭い振り幅っすね。

俺はもうこっち側でお星様とRhyme中。

Activeが隣。かかってこい夜。

 

【hook】

過去より今の話をしよう

自分の足で環境破壊

過去より今の話をしよう

忘れるな君は1人じゃない


『Ticket to ride』

【空廻】

始まる秘密の夜の遊園地

あれを見なよ。パレード急接近。

ようこそ。ここじゃ君は有名人

だぜ。海賊もお化け達も待っていたよ。

両手にチュロス

持って質量無視して飛び回る妖精にジュゴン。

メリーゴーランドは回り既にトロンボーン達がファンファーレ。行こうぜno doubt。

【Active】

閉じてくPC、周知の事実

ファストパスチケットならtake it easy

電波はビンビン、WIFIなくとも

ワイワイ遊べる遊園地間違いない

通勤電車は憂鬱ですか?

それならワープアルバムポチッ

で、なくなる檻、集まるホーミー

今日も今日とで、ますますこっち

【空廻】

いつも忙しいだけのループ

をきっとちょびっと変えてあげれるよ。

明日の予定?笑ってシーして

信じて今夜は君の物。

果物みたいな双子の姉妹も

スマホもみないで手繋いで歌う

ララバイ、いやラプソディー

ではhave a nice night twilight time

【Active】

少女が泣いてる姿想像したり

少年の寂しげな横顔ばっかり

そんなのじゃないやっぱ笑顔

でも怠慢たまれば心はメタボ

my paseでも友達を

大切にしようおとなしい子

すらも手をつないで行こう遊園地

あの日のネガの灯火は風前に

【hook】

【空廻】

僕らにくれたチケットだ。せっかくなら声上げて楽しもうぜ。

【Active】

時間忘れた分だけアルバムになる

SBPスキル隠さず磨く

【空廻】

太陽がくれば終わるけどずっと覚えとく為に遊び通せ。

【Active】

OK、やるならケツまで冒険

【空廻】

でもどうせだ。笑ってから死のうぜ。


『シューティングスター』

【verse.1】

ふと歩くキラキラした大都市。

良いスーツ来てる大体同い年。

今はまだイライラして見上げる。

でもいつかは勝つ。負けたくない。

 

昔に戻りたいとは思わない。

同窓会にも行きたくない。

だってどうしょうもない頃の嫌いな自分の超痛い思い出に耐えられない。yo

 

あの頃クソ聴いてたゴールデンマイク

もウソだろもう十何年前。

あぁ懐かしb-dashウォーレ来

もう歌詞ほぼ覚えてない。

 

このbeat聴いたらさなんだか踊りたくなるよ。やっぱ楽しいもん。

青信号点滅した口実に   よっしゃ全力疾走だlet'go!

【hook】

バカみたいにキラキラしてる高層ビルや高級ホテル鼻で

笑いながら“いつか見てろ掴み取る”つって走る俺の汗は宝石。

like a shooting star

止まってちゃ石ころだしランランラン

つって 常に最高の先を見たい。

からnext next next。

 

【bridge】

いいスーツ いい女 カウンタック 100万ドルの景色観てシャンパン。

負けるか俺も最高のオシャレ。セカストで買った6ドルの短パン。

まぁまぁ前は意識高い系

癪に障りすぐ気に入らないって

言ってたけど確かにただの嫉妬だよな。

そんな意地いらないね。

ならばOK一心不乱で駆け上がる更にどんどん高く

hey走り過ぎて一瞬不安でも

おまじない胸をトントン叩く

だけどさ無理にオシャレなカフェに行っても似合わねぇし落ち着かねぇ

どこに行っても居場所がなくて

結局路上で雨。

【verse.2】

ふと歩くキラキラした大都市。

近付いてやる一歩ずつ毎年。

たまに“お前キラキラしてる”って

言われるけど寂しそうな同い年。

 

変わったって言われるの大嫌い。

mc nameも使いたくない。

だって別人な訳じゃないし、お互いいい感じにほら子供じゃないみたい。

 

クソ流行ったラッスンゴレライ

もウソだろ35年前。

ってなる頃全然想定外

になるくらい動いてたい。

 

またbeatが俺を踊らせてる。いや見せないよ

だって恥ずかしいもん。

赤信号シカトしてでも早く行きたい場所があんだよ!さぁlet's go!

【hook】

バカみたいにキラキラしてる高層ビルや高級ホテル鼻で

笑いながら“いつか見てろ掴み取る”つって走るキミの汗は宝石。

like a shooting star

止まってちゃ石ころだしランランラン

つって常に最高の先を見たい。

からnext next next

【outro】

余裕こいてのんべんだらり

してる暇ない夢に上限はない。

hey高低差にキーンとなるけど当然先に砂金があると信じたい。

どうせ見れたもんじゃねぇミテクレ

前向くからさ横顔を見てくれよ

側にいてくれる?なら連れてくぜ

next next next stage


『アルケミスト』

僕は今日前兆の夢を見る。
セイウチの群れを怯む事なく
A字状の胸を射抜く。
目が冷めると僕はそこでハッと気づく
100の雫が身体を濡らしシャツをキツく
していた。
ずっと長い間停滞
していたわだかまりや寝ていた
使わずわからないでいたデータ
が今wake up。
check it out
燃えるものも燃やさなくちゃ意味もないのに
もったいぶった結果その可能性も粗大ゴミ。
甲子園目指してる格好してるだけよりもどうしても目指すからには甲子園に行きたい。
身体に悪いからと理想的な睡眠。
家族に悪いからと模範的な休日。
誰かを理由にして拒んできた勇気。
きっとお前が考えてるほどみんなヤワじゃないぜ?
だから自由に生きよう。
死んだ時ドヤ顔で自慢できるように。
なんかわからないけど上手くいくって気がするのさ。
きっと神様も大事な事は2回いうのさ。
みんな夜空を流れた星
に啓示だとか意味がやたらとほしい。
あんな石コロも宝物に
なるんならばきっと僕の事も。そう。
僕はアルケミスト
この目の前にあるテキスト
達は全部友達さ。
石を金に変えるぜ。
僕はアルケミスト
この目の前にあるテキスト
なんて全部ウソッパチさ。
意志を金に変えるぜ。
身に触れる現象はそれは全て前兆で
黄金へと成長する為の言わば燃料。
だけどさ結局は燃やさなくちゃね yo
火を付けろ。火を付けろ。火を付けろ。火を付けろ。
トンビが輪を描いてピーヒョロロー
友達のさつま揚げ盗んでピーヒョロロー
それ見て笑ってる近所の子
楽しくなってみんなピーヒョロロー
さぁ行こうぜ風任せ進路の方
見てハッて気付く魂の鼓動
根拠なんてないが確信してる
きっと眩しい男になるよ。火を灯せ。

『あの声』

 
【verse,1】
“晴耕雨読”なんていって天候の良くない日には小説も結構読む。
固まった肩甲骨ほぐしながらボーッと見つめる窓越しの路上。
不規則に踊るお香とコーヒー
からの白い気体にシンクロする本の余韻。
元通り にできなかった切ない恋のstory。
でもdon't worry。もう一度読めばいいのさ。
雨音のヴェイパーウェイヴ。
刻々とfade away
させようとする現実から奪い返した名場面を思い出す。
活字の羅列のはずなのに
見える秘密のあの絵。
聞こえるキミの歌声。
あれ、ちょっと待って。素朴な疑問。
この声…誰だろう。僕こんな人
心当たりもない。もしやこれが理想
の声なのかもね。ヤバイ惚れちゃいそう。
なら…
【hook】
あの声は一体誰の声だろうね、って探してみたけど
あの子ではないし じゃあもしかしてそれが俺の運命の人かも。
【verse.2】
思えば僕の中でヒロインと言えば確かに妙にいつもこの声かもしれない。
特に恋愛青春モノ なんて読むと
最低週5のペースで脳内再生する程。
好きな原作のアニメとか映画化に
君以外の声で“えぇガッカリ”ってなったり。
元ネタを求めたとこで手がかり
も当然ないしもう戻れない。
 
oh my baby I love your voice everyday
お前の事知らないクセに夢に出る。
将来、現実で目の前に出てきて
もう前から知ってたゼって言ってみてぇ。
フッ、イタいか。
お互いの遺伝子の塩基配列に事前に入ってる
としたらこれって素敵じゃね?
つって
もう一度パラパラとめくるページ。
もうダメだ止められないイメージ。
【hook】
あの声は一体誰の声だろうね、って探してみたけど
あの子ではないし じゃあもしかしてそれが俺の運命の人かも。

 


『エモハザ 〜emotional hazard〜』

【verse.1】

なぁ、お前俺の話やっぱ聞いてないっしょ。

なんだよ今更かよ。教えないよ内緒。

だってお前本当は俺に興味ないっしょ?

いやぁ、違う、こんな事を言いたかったんじゃなくて。

 

もっと全部上手くできたはずなんだよ最初。

でもさぁ、なんでだろう、多分だけど相性。

いやぁ、違う、ちょっとでもよく見られたい代償。

素の俺じゃ痛いっしょ?

別に見たくないっしょ?

 

親友に薦められた本を読んで泣いたよ。

世界と自分繋ぐ5000円のマイカファン。

固形燃料は今も

消えるのにビビってる。

どうせ燃えてありがとうもゴメンねも、ないんだもん。

 

需要なんかないんだよ。

寿命だけはあんだよ。

冷めたプラグマティズム

が胸をスカスカにする。

不確かな、繊細な感受性。

お前訳わかんねぇよって先輩が難癖。

 

インターネットに投稿するなけなしのギャグセンス。

アイツいつもガチじゃんって言われんのが癪で。

 

“俺は空気なんか読まないぜ”って叫んで

予め空気作ってdisられたら“ふざけんな”って

 

一升瓶の前。一笑に付すようなお前じゃないと知りつつも考えてたんだ。じっと。

今を生きるのに一生

懸命なのは一緒。

でもさぁ、やっぱこの話興味ないっしょ。

 

【hook】

かけがえない関係がいない訳ではないけど迷惑はかけられないだけ。

絵が嫌いでも描きたくない訳でもないけどただ描き足りないだけ。

間違いなく勘違いとわかってもただ性格は変えられないだけ。

汚いのもさらけ出したいけど、やっぱりただ目も当てられないだけ。

 

【verse.2】

産まれた感情を咬み殺す現象を

“emotional hazard =エモハザ”って名付けて

苦痛を伴うでも明後日には忘れてる。

ループto the ループ to the ループ

 

どう足掻いたって27cm分は幅を取る。

俺にこんな面積勿体無いってセンチぶった戯言。

人様のスペースと視界に入るとさ抜き打ちのテストみたいにペースを乱しちゃわないか心配で。

 

どうせ摩擦熱を産んじまう感情だ。自分の中で片付けるよ。楽勝さ。

我慢だって太ももをまたつねると

平穏な空気が流れてくよ。斜めにいる嘘笑いの僕だけを残して。

 

平熱36度弱のこの社会じゃ哲学では心は動かず

それでも暗中模索のジャブみたいな解熱剤じゃ消せぬくらいの熱量が生まれちまう。

 

【hook】

かけがえない関係がいない訳ではないけど迷惑はかけられないだけ。

絵が嫌いでも描きたくない訳でもないけどただ描き足りないだけ。

間違いなく勘違いとわかってもただ性格は変えられないだけ。

汚いのもさらけ出したいけど、やっぱりただ目も当てられないだけ。


『パーティーの終わり』
【空廻】
気付けばもう既に明け方。
いや気付いてた。宴もたけなわ
を過ぎだんだん手ェ叩いて笑う
声も熱気もフェイドアウトへ変わる。
新品だったのにあいつのチェゲバラ
のteeシャツも酒こぼしベタベタだ。
徐々に死んでた奴等も目醒ます。
“吐きそう。” 嗚呼。今日も平和だ。
“あぁ悪いもう俺電車だ、ねぇまた
飲もう”つってハイタッチ。なんだこれ映画か?
キラキラ光ってた夢から
追い出されてもダベる。帰りたくねぇから。
渋々解散し電車待ち。
透明な空気吸い立つ2番線側。
吹けば飛ばされそうな背中。
今の僕は抜け殻。
もしも世界がもう終わるとして
木星の友に書を遺すとして
その時僕は終わる時と生きた時のどちらを遺すだろう。
ようやく家着いてシャワー
浴びたら終点。いつもの部屋だ。
そうさ。ここじゃ一人ぼっち。
それじゃ寝るか。ぼちぼち。
【hook】
パーティーが終わる
パーティーが終わるぜ
【Active】
PARTYが始まる、
さっきまでの静けさは
きっとどこかに行って
皆想いを募らせ踊ってる
あったまる時間になれば
DJの選曲に声も枯れた
でも時間が経てば
あったものすらなくなってた
サラリーマンのよれたネクタイも
フロアに転がりどこか切ないよ
きっと物事には始まりと終わり
が、あるのかなって想いふける20代
ダンスホールの傷の跡すらも
映してるよう想いの裏側を
明日になればPARTYが始まる
時間があるだけ僕は音と交わる
【hook】 
パーティーが終わる 
パーティーが終わるぜ