『Spoken Blanco Production』
 
【verse】
空廻and beats鳴らすmkts。
ねぇこの情熱は残り幾許?
バックパックにipod and hiphop。
バクバクバクバク…鳴る心拍。

たちまちガチガチな左足も
血が廻り力湧き出しいい感じ。
カチカチウィンカー。
街が次第にカタチ価値変えて光出す。
let's go。
 
嗚呼バチバチとうねり出すイメージ。
置いてくあやふやとか代名詞。
凪に嵐呼ぶ天地雷鳴士。
今更人目気にしちゃいねぇし。

キーキー言う鎖から手
離せばケガすんのに昔からね
大好きだったブランコ
“ブランカ”と間違って笑ってくだんねー!

ワクワクするmindトムソーヤ。
翼はなくてもよく飛べそうだ。
ah 12時だ。
俺を厨二と笑うお前は中1さ。

初期衝動。ド素人日々進歩しながら論より行動。
24-労働-義理人情の残り時間俺は自由だ。

純朴さとウンコ臭さ兼ねて産まれた言葉なら純僕産。
青春じゃないぜ。
Life work。stay hot。
創造とはさながら瞬獄殺。

まずは弱から始まり着々(弱P+弱P)前進(→)。
壁蹴り(弱K)手伸ばせば(強P)
むちゃくちゃ高濃度の刹那。
コンコルド・セスナより
ずーっと飛べれば本物と呼べるはず。

【hook】
ただガムシャラに漕ぎまくるブランコ。
段々止められなくなる。
不安ももうすぐどっか消える。
なぁ、この靴遠くまで飛ばした方が勝ちな?

ますます高さ増してくブランコ。
初めはささやかだったプランも
もうすぐ全て超える。
なぁ、この靴遠くまで飛ばした方が勝ちな?

何かと言い訳並べてキッカケ逃して“お前はイイな”って。
何言ってんだ。キミも出来んだぜ?
憧れで終わるより、こっち来い。

失恋、バトエン、国民健康保険、カクレンジャー、
ラピュタ、夕焼け、青、情熱...
全部詰め込んだボロ靴
遠くまで飛ばした方が勝ちだ。

『Good Memories』
 
【verse.1】
“僕はやっぱり独りなのかも”
って落ちた時にふとよぎる。
ガラス玉に封印したはずだった
あの姿、雰囲気、会話や温もり。
 
途端、襲われる罪悪感。
ダメだってわかっても逢いたくなる。
いや何が悪い!あれは純愛でした。
・・やめとこう。かき消した。

茜射す海浜幕張方面。
一人にしたら消えてなくなりそうで
触れる二の腕。速攻でホッペはたいて笑う君が大好きだった。
 
サイズに合った恋愛じゃなかっただけの話。
後悔はなし。
でもあのkissやsexはそんな汚いかな。
僕には全部いい想い出なんだけどな。

【hook A】
多分一生嫌いになりたくはない。
でももう好きと言える資格はない。
仕方が無い。もう近付かない。
でも味方がいないならこっち来い。
いや、そう言う事すら資格はない。
もう遠くに行っちゃったyesterdayは
寝付かねぇ夜にすげぇ疲れたカラダ癒す為の想い出。
それで充分。

【verse.2】
ipodでランダムで
懐かしい曲に心臓バクバク。
カラオケでよくキミと歌ったデュエットするタイプ。
もう歌ってない大分。

君に似てる美容院のポスターのモデル
ついチラ見することすら
しょうもないだけの僕の日常の大切な時間だって実感。

ブランド頑張って暗記した。
好きな味増えた31。
あの日カッコつけて夢語ったおかげで
今もRAP続けてます。

【hook.B】
絶対あの出逢い間違いじゃない。
君がいなけりゃ今の自分はない。
つい濁しがちだった誠実な日々は
汚点や若気の至りじゃあない。
そうだ。俺やっぱ一人じゃない。
 もう遠く行っちゃったyesterdayは
寝疲れるほど寝ても絶対いつまでもいつまでも消えやしないぜ。
人の出逢いは交差点。
別れまで相席の乗車券。
また離れ離れ。バカめ鼻で笑え。
“またね”運命ならまた逢える。

コンナニ ヨワイ キタナイ ボクヲ
“スキ”ト “ステキ”ト イッテクレタ。
ボクハ キット ワスレ ナイヨ 。
ジャアネ マタネ ドウモアリガトウ。

【verse.3】
今日もこの世界は慌ただしい。
同じ景色のようで真新しい。
変わっちまったポスター。
ノスタルジー感じた事すらなかなかいい。

たとえそれが苦笑いでもいいんじゃない?
きっと思い出し笑いの数が幸せなんだ。
しわが目立ったってこの思いは死なない。

今君はどうしてるかな。
幸せかな。
調べ方ならあるけどいらないかな。
僕の左側に今君はいないけど

別に二度と逢えなくってもいい。
ここにある僕だけのgood memories。
でももう行こう。
ファイル保存して前に進もう。
Life goes on。

『投石』

 

誰かにぶつけたかったこの想いを

誰にもぶつからないように遠くに投げた

 

【verse.1】

わりかし“マジメくん”で通っている俺には
格別にストレス発散が重要で
だから夜中に週4で
チャリに乗って空気吸い込んで
思いっきりRAPするんだ。
 
派手なおばちゃんに繋がれたダックスフンドは
可愛さの裏に生きる意地を隠すんだ。
馬鹿な奴にエサもらい利を得るには
頭下げるのも大事。それでヘルニア。
 
心キレイ過ぎたT・ホークも
人を知って外を知って段々dopeになり
でもまだ汚れちゃあいないさ。
ah 溜め込んだ黒いヤツをfreestyle弾丸トーク。
 
お腹抱きながら夜中濡らす枕。
Curling潰瘍。ストレスで空くヤツさ。
でも皆が言うように“No pain,No gain”なら
きっと既に名曲はこの手にあらぁ。

【hook】
石を投げる。石を投げる。暗闇に硬い石を投げる。
力加減など気にも留めずただひたすら石を投げる。
石を投げる。石を投げる。隠してた固い意志を投げる。
作り笑いなど一度辞めてスッキリしてHere we go again.
 
【verse.2】
人混みに己を身を晒す中
迷彩のパーカーは何を隠すのか。
フワフワ雲遥か上空。
刺激を避ける like 破傷風。
 
お前のその最高のジョーク。
悪いけどジョークになってないよ。デンプシーロール。
全部いいコースでクリティカルヒット。
たしかにこれは愚痴になるきっと。
 
だけどI'm the man。
はい。ガマンしてmy colorでこの人生
finalizeする為に今は木偶の坊みたく。
これが俺なりのkeep it real。
 
路上に音奏でるぺんぺん草。
“空廻”これが俺のペンネームさ。
身体揺らしやっと絞り出したsentenceが
今の俺の全部さ。
 
【hook】
石を投げる。石を投げる。暗闇に硬い石を投げる。
力加減など気にも留めずただひたすら石を投げる。
石を投げる。石を投げる。隠してた固い意志を投げる。
作り笑いなど一度辞めてスッキリしてHere we go again.

『ADVICE』 spoken blanco production (Active/空廻)

 

【Active verse】

蓄積されたネガの借金

忘れてみれば人は自由さ

不揃いな義理人情に囚われ

今日も君はどこかで泣いてる

友情を都合よく使うな

本当の愛なら見返りはないな

子供騙しの様な人が群がり

今日も一人消える暗がり

いじめを無くそうと言う大人たち

実は中学の主犯格はそいつで

リアルじゃグロい心の動き

ガンジーみたいなやつも本当は黒い

今日もお気に入りの散歩コースで

晴れてる日曜気分はいい

純粋な想いとリリックノート

空廻が隣 夜明けは近い

 

【hook】

過去より今の話をしよう

自分の足で環境破壊

過去より今の話をしよう

忘れるな君は1人じゃない

 

【空廻 verse】

別に誰も君に興味ない。

だから迷わずに見よう未来。

イケてるあいつの事を見様見真似

してもなんか量産型の人形みたい。

 

俺みたい。

 

別に誰も俺に興味ない。

知ってるさ。だけど俺も懲りない。

幾度超えるだろこのlonely night。頬にlight。

無駄に折り合いつけんのは辞め音に乗りたい。

 

世に対する不満や文句歪んだジョークにして

“こうじゃんか?そうじゃね?”って

おい共犯者にすんじゃねぇ。

色が違う居心地が悪いフィールド魔法に

PeaceとLoveをなんか無理と中指と唾。

 

なぁスマン。“自分こういう人間なんで...”

なんて免罪符にはなんねぇ。狭い振り幅っすね。

俺はもうこっち側でお星様とRhyme中。

Activeが隣。かかってこい夜。

 

【hook】

過去より今の話をしよう

自分の足で環境破壊

過去より今の話をしよう

忘れるな君は1人じゃない